軽く年末のご挨拶とnoteへ移行のお話

どうもりえぐです。

 

現在、実家へ帰省中で落ち着いてスマホする時間があまりないのでさらさらといきます。

 

まずは皆様、今年1年ありがとうございました。

 

今年はとりあえず仕事も忙しくなってきたのもあり、二転三転した人生を送ってました。

 

 

ウィクロス記事が全然進まず、新弾発売関連とかそこそこ触れれてないことが多いです。

それは年跨いでしまいますが、あとあと記事にしたいなぁと考えています。

 

 

今年の振り返り

ウィクロスは途中からモチベが下がり、かと思えばいきなりモチベが上がり。

 

デレステは逆に途中で一時期触らなくなったけど、最近また再開したりしてます。

 

また、前々からセントルイス経由で興味あったアズールレーンは家庭版の購入に続き、セントルイスモデルの財布を購入したのを皮切りにアプリをインストールしました。

f:id:aros_liegu:20211231191011j:image

(財布というのはこれ。やっぱり特別なものを買うと愛着が違ってきますね)

 

 

アプリは最初の方、ちまちまやりつつも途中からキューブと時間放置タイプの育成だけやって、進めない日々が続いてました。

 

 

ですが、ちょうど数日前に部屋の簡易的な掃除を終えたあとのガシャでセントルイスが出たことにより、また最近少しづつですがプレイを進めています。

f:id:aros_liegu:20211231191205j:image

(舞い降りた幸運)

 

 

なので、来年はもう少し進展のある話ができるかもしれませんね。多分。

 

 

あと、デレステも最近再開しました。ひとまず今日も隙間時間を利用して、カウントダウンLIVEを進行して、ひとまず30回のプレイを終えました。f:id:aros_liegu:20211231191306j:image


f:id:aros_liegu:20211231191311j:image

(もっとプレイすると更に報酬が貰えますが、30回で貰えるスターレッスントレーナーが希少なので確保しておきたかった)

 

 

ウィクロスは少しの進歩と多すぎる課題、そして多大な出費を得ました。

 

煌きヒラナに出会ってから特に歯車は狂いだし、いくつかのデッキを触りつつも煌きヒラナのデッキを突き詰めるようになりました。

 

が、その結果なんというか色々。自分でデッキを考えるのは難しいもので、悲惨な構築をすると一点も要求できずにターンが進み、相手に一方的に殴られ続けます。

 

 

運で勝ちに運ばれることはあっても、運だけでは絶対に勝てない。強いデッキに勝つには、デッキとプレイング、どちらの研究も必要だなぁと実感しました。

 

ライバルは多く、特に原子デウスと頂点ヒラナに勝ちたいはありますね。

 

なによりセレモニーで優勝すると、ウィクロスボックスにレシピが載りますからね。

わりとそれがあるからこそ、セレモニーで入賞したいがあります。

 

今年ダメでしたが、来年こそは頑張りたいところです。果てしない道にも感じますが、仕事も大変な中で目標が持てることが嬉しいことですね。

 

 

なおカード納めは26日に終えましたが、結果はなんとも。

ヴァンガードの方はクリティカル捲りまくって何かと勝ちましたけど。

 

ヴァンガードも、今のアニメもレギュレーションも楽しいのでひっそり続けます。

トウヤとバスティオンが好きですね。

 

 

あと他には来年にはジャッジアイズをクリアして、ロストジョッジメントもやりたいなぁとか、他のゲームもやってみたさとかありますね。

 

 

noteへの移行

ところで突然ですが、来年からはブログの活動をnoteに移行しようと思います。

 

 

元々noteでは週刊エグゼクフォンでデレステでの活動を書いていました。

 

今年の途中で停止していましたが、今はデレステの復帰と共に再開。

 

そして今後はこのブログで行っていたこともnoteで書いていこうと思います。

 

 

移行理由は全てが私にとっての趣味だから統一して見てもらいたいなぁというのと、個人的にカテゴリー分けがnoteの方が楽で、非常にしょうもない端的な記事も掲載してまとめやすそうとかですね。

 

 

ざっくりいうと掲載記事がnoteの方が多くて慣れているからといったところでしょうか。

 

 

もしかするとやってみてからやめる、なんてこともありそうなのでここのブログは残していいます。

 

 

ただnoteの活動が続いてく感じはここのブログは止まりそうなので、今後はこちらでよろしくお願いします。

 

では来年は何か結果を残したいなと思いつつ、今年を締めくくります。

 

ではでは皆様、よいお年を。

物事が上手くいかないときは食いたいもの食え

どうもりえぐです。

 

12月です。師走です。仕事がやばいです。

 

やばいの定義も人それぞれ、私より労働時間多い人も仕事量がやばい人もいるかと思いますが、私の中ではやばいのです。

 

特に今週は月曜日からなんか色々怒涛でして、水曜日が経過しましたが、終わる気配が見えません。

 

睡眠時間も減っている上にあまりやりたいこともできてない。デッキ考えるどころか意味もなくカードを触る余裕すらない。

 

電車でも寝てますし。

 

 

そんなわけでわりと気分も身体も重くなっていました。

 

昨日の夜は明らかに睡眠時間足りてないのに、寝る時に寝付けない始末。

 

 

そんな中で色々考え事をしていたのですが、まぁこの悪循環。特に辛いのが仕事においてもプライベートにおいても自分の思うようにいかない点が自分の中で苦痛なのかなと考えました。

 

仕事自体にやりがいとかは無いにしても、大きな仕事を終えると達成感のようなものは感じますし、そうでなくとも順調にいければ気分は悪くないもの。

 

でも、自分がやりたいようにいかず、仕事は溜まる一方、状況に振り回されてままならないはやっぱりたて続くとしんどいものです。

 

ほんのわずかでも、自分のやりたいことをやろう。

 

悪循環を抜け出すために自分自身に打った一手。

 

それは……。

 

 

くいたいもの食いたいものを食う。
f:id:aros_liegu:20211222194851j:image

(まぜそばあらしの看板まぜそば、どーん)

 

最近、ラーメンとかの極太チャーシューにハマっていて日曜日に別のラーメン屋で食べたばっかりなのですが、食べました。

 

本当は休日の予定でしたが、なんかもう今食べないと死にそうな気がしたので。大盛りにチャーシューの追加トッピング、コーラまで買うちょっとした贅沢ぶり。

 

胃袋いっぱいになりました。

 

 

もちろん食べたところで溜まった仕事がどうにかなるわけではないですが、気分はわりといいです。

 

今日はちゃんと寝て、明日は全部とはいかなくても少しだけでも落ち着けるように頑張ろうと思います。

 

そんな感情をぶつけたいだけの記事でした。

 

なお、思うことをTwitterではなくちょっとした記事にぶつけることも「やりたいこと 」のひとつだったのでやらせていただきました。

 

更新ペースを上げたいなと思ったので今後も続けたいと思います。では、また明日。

ウィク録13「Drumfire」

 

どうもりえぐです。

 

ここんところブログペースが落ちてきてます。

 

仕事が忙しいというのもあるのですが、なんというか言葉をぶつけてる方がメンタル的にいい気がしているので、ちょっと今後はしょーもないことでも記事にして更新していきたいと思います。

 

そんなわけで今回は感情のお話。

 

 

感情

なんだかんだいってヒラナを使うのが楽しくなってるなと思うここのところ。

 

勝ってるかというと負けてる方が圧倒的に多い。

 

ハンデス対面すると手札がボロボロになるし、ランデス相手ならエナが枯れる。

 

きっちり3面要求が安定する相手には殴り合いでまず負けるし、守りが硬い相手を崩せるかというとそんなこともない。

 

 

正直なところ煌きヒラナを使っている対面を未だ見たことがない。

 

なんなら対戦相手に煌きヒラナのテキストを確認されることもしばしば。

 

私が知らないだけで使い手はいるだろうと信じてはいるけど、ヒラナというとやはり頂点ヒラナのイメージが強いなというのは実感する。

 

ヒラナ対面は一応、数回はあってLBとかもあって意外と勝ったりすることもあるものだけど。

 

先日のセレモニーで出会った頂点ヒラナ、正直恐ろしかった。

 

前回の記事に書いたコンボ。ルリグが止まらなければゲーム1と一覇一絡を絡ませ、確定ライフ1枚クラッシュし、サーバントを要求したバーンダメージとルリグアタックによりルリグだけで3点貰っていく。

 

凄かったし、納得の敗北。

 

でも悔しかった。

 

 

この煌きヒラナでデッキを組むなら、目標としては頂点ヒラナで勝てない相手に勝つことと、頂点ヒラナに勝てることを目標にしたい、と改めて思いました。

 

 

実際のところ、ヒラナを使う理由は主人公とかどうとかじゃなくて単純にヒラナが可愛いというのが第一。

 

特に勢いで買ったバレンタイン争奪戦のLv0は買ったあとにイラストを眺めて買ってよかったと確信するぐらいのレベル。

 

そんなわけで確かに最初は水着姿に堕ちて煌きヒラナを手に取ったのは確かですが、別に水着じゃなかったら使いたくないとかそんな理由で頂点ではなく煌きヒラナを使ってるわけではないです。

 

ついでにいうと頂点ヒラナの金パラも持ってますし。買ってから1度も使用してないんですけどね(おい)

f:id:aros_liegu:20211213232934j:image

(そういえばブログでは買ったことに触れてなかったかも)

 

 

煌きヒラナにこだわるのは、とにかく誰も使ってないから……確かにそこはある。わりとほかの人と違うところ行きたいタイプではある。

 

だけどそれで組むだけで満足してるわけではない。

 

かといって、煌きヒラナを誰よりも使いこなせる使い手になりたい……そこまで高い意識もない。多分ウィクロス強い人がその気になればセレモニーに勝てるヒラナだって作れると思う。

 

色々複雑怪奇な感情になっていてまとまってないのが正直なところ。

 

 

強いていうなら煌きヒラナで何ができるかを考えることにワクワクはしている。キーセレアロピルのときも色々試した方ではあるけど、煌きヒラナはとにかくデッキもチームも変えまくってる。

赤赤青で組んだと思ったら、赤白黒。

赤緑黒やって、赤緑白やって、赤単色、今は赤赤黒ととにかく試している。

 

ここまでデッキ変えまくったのは多分初めて。私が未熟なのもあるけど、答えという答えがないからとにかく色々やりたくなる。

 

人によって方向性は違うけど、私の場合は煌きヒラナだからこそ、それがやれると思ってる。

 

それは今だけかも知れない。

 

でもだからこそ今は燃えていたい。

 

 

ついでにいうと通販で金パラ購入したあとに、パックで自引きするという更なる燃料投下も食らってますし。

f:id:aros_liegu:20211213234009j:image


f:id:aros_liegu:20211213234055j:image

(嬉しすぎて何度でも思い出す。ちなみに今もまだ2枚とも持ってます)

 

 

これを運命という都合のいい時にだけ使う言葉で定義するならそれを結果で証明しなければいけない。

 

あわよくばセレモニーに煌きヒラナで入賞をかざして、レシピをぜひともウィクロスボックスに載せてもらいたいと思ってます。

 

 

なんというかカードゲームの醍醐味的なものに1番向き合えていると思える瞬間に、今めぐりあえているのだと思う。

 

だからまだまだ頑張ります。

 

セレモニーはちょっと頻度控えますが、パーティーちょくちょく出てきて、このデッキなら相手をちぎれると思えたら、また乗り込みます。

 

 

今回はありったけの思いを吐いて終了。睡眠時間を押し始めてるので、勢いで書きました。見返してません。日本語もまとまりも複雑怪奇。

 

 

次回は具体的にデッキの内容に触れたことをちまちま記事に起こそうと思います。

ウィク録12「セレモニーの洗礼」

どうもりえぐです。

 

12月は仕事が大変で死にかけています。

 

そんな中の12月11日。セレモニーの予約をしていたので参加しました。

 

しかし、今回はその前にデッキをいじる時間があまり確保出来ず。

 

といってもそのままで挑んでも1勝するしないぐらいのところと判断し、思いついた案をぶっつけ本番でやる構築で挑みました。

 

結果は

 

4戦0勝4敗

 

人、それを全敗という。

f:id:aros_liegu:20211211180656j:image

(誰だ突然)

 

 

空き時間が多かったので、軽くメモを残してました。ドゾ。

 

1戦目

デウス(DXM)

 

ダブクラ2面をエクストラップ(2エナ)で軽く捻られる。

 

詰めのターンは相手が2エナだったので『マキナバインド』読みで『アキノ*ダブルピース』でエナを与えずに面開けして攻めるも『ゼノ・クラスタ』で1エナ溜められて、『マキナバインド』で死亡

 

 

2戦目

ヒラナ(ノーリミ)

 

頂点ヒラナのゲーム1と一覇一絡のコンボで強制クラッシュ、鯖1要求のバーン、ルリグアタックの3点コンボをノー鯖で受けて死亡。

 

 

3戦目

マドカ(青青黒)

 

手札ボロボロ、エナも用意できずろくに点要求できずにデウスシールド吐いた返しのターンにサーバント抜かれて死亡

 

デウス残っている状態の詰めのターンは絶望的

 

4戦目

ノヴァ(うちゅう)

 

そもそも白ルリグ相手になんも考え無しに毎ターン、律儀にエナ0にして相手にターン渡してる時点で間違いな気がする。

 

手札もエナも無くなって押し切れずに死亡。

 

 

 

とこんな感じです。

まぁ大体が結果論なので実際の敗因はもっと色々あると思いますが、結果からいうと構築も駄目でプレイングも駄目でしたね。

 

 

セレモニー数回やって振り返る

ここ最近、ひとまず結果を求めてセレモニーに積極的に参加してきましたが、その毎回でやっていることがデッキリスト作成を時間限界まで詰める。

 

もちろん悪いことだとも思ってないのですが、ここの理由を考えるとデッキに自信がないんですよね。

 

勝てると思って組めてるデッキがないんです。

 

その点から考えても圧倒的試行不足。

 

今回はぶっつけ本番で、やってみたら面白そうなことを考えてやってみた結果、環境読みもないがしろにしたので、よりにもよって一定多数はいるであろうハンデスにめちゃくちゃ弱いデッキを組んでました。

 

ただ参加するだけならいいかもですが、'セレモニー'で'勝つ'には色々足りてないなと。

 

そんなわけで、今後はとりあえずでセレモニー参加するのをちょっと控えて、ウィクロスパーティーの参加を増やして、デッキを色々試す方向性にシフトしようかなと思います。

 

とはいえ全く参加しないわけでもなく、最低でも月一でいきつけのショップで開催されるセレモニーは可能な限り参加するつもりです。

 

1ヶ月の間にデッキを色々試して、これは強いかもしれないと思ったレシピでセレモニーに挑む感じです。

 

セレモニーのデッキリストを作成する段階ではある程度迷いのない構築にしたいところですね。

 

 

なお、まずは煌きヒラナで結果を出したいのでセレモニーはヒラナ参加が前提ですが、パーティーではレイとサンガも試すつもりです。

 

 

おまけ

今回の大会会場のショップを見てみたら、思わぬものを見つけてしまい、つい買ってしまいました。

 

ネバーサレンダーのプレイマット
f:id:aros_liegu:20211211181741j:image

(レイちゃ可愛い)

 

 

普段はモリアーティのプレイマットを使ってましたが、あちらをリモート対戦用にシフトして、今後のショップ大会はこちらを使おうかなと思います。

 

現在はディーセレしかやってないので。

 

 

ちなみに前に買ったプレイマットもしかるべきときに使おうと思ってますので、それまでは保管。

 

といいつつ気分で変えるかも。

ウィク録11「緑デッキ組んだよ。あとプレマの話」

こんばんわ、深夜1時のりえぐです。  

 

明日は平日で既に想定睡眠時間4時間を切ってます。絶望的です。

 

 

ジャッジアイズをやってました。なかなかやる時間を作れてないのですが、やり出すとなかなか止まらない。楽しいです。

 

またそのうち、そこらへんに触れた記事も描きたいところです。

 

そんなわけで今回は端的に。

 

 

サンガ組みました

以前から想定していたサンガのデッキを組みました。

f:id:aros_liegu:20211206011804j:image

(緑)

 

サンガは3色揃えるのが前提のテキストなので、チームカラーは緑青白。

 

レイとヒラナは大分攻撃に寄せていたので、このサンガはちょっと別方向。俗にいうコントロールデッキ。

 

ひとまず微妙にハンデスギミックが入っていたりします。

 

 

勝率はあまりよろしくなかったのでまだ足りてない感じですが、けっこう楽しいです。

 

しかし2色シグニ使っていても3色揃えるのは意外と難しかったりもします。

 

今後詰めていきます。

 

 

 

なお、何故サンガを組んだかというと、実はここもジャッジアイズ、及びロストジャッジメントの影響があり。

 

イメージ的にはテクニカルに相手の攻撃を受け流すような緑のデッキを組みたいなと思っただけだったりします。流スタイル。

 

で、テクニカルの定義で考えた時に緑ルリグを見渡してみると圧倒的にサンガだったという。

 

そんな些細な理由です。

 

本当に実現したら楽しみですね。

 

 

あと余談ですが持っているウィクロスのスリーブの中ではサンガに合うスリーブを持ってなかったのでUltraPROの緑スリーブを買った次第ですがこれが使い心地が良くてけっこう気に入ってます。

 

カードの差し替えも楽ですし、キャラクタースリーブもプロテクターつけてるとはいえちょくちょく角にダメージがはいったりもするので、ヒラナやレイも普段使いはこっちにしてみるのもいいかも?ってなりました。

 

特にヒラナはコロコロ構築変えてますからね……試したいカード全部試したいですし。

 

 

余談

スリーブを買いに行った最寄り店のプレイマットコーナーを漁っていたらいいものを見つけました。

 

こちらです。

f:id:aros_liegu:20211206012613j:image

(知る人ぞ知る面々)

 

アニメ「Lostorage conflated WIXOSS」のメインビジュアルですね。

 

アロピルがセンターなのが重要です。主人公ですから。

 

元々はアロピルから始まったウィクロス。始まってなかったらきっとにじさんじを見ることも、ディーセレをやることも無かったでしょう。

 

あとジャッジアイズを買ったのも、にじさんじの配信者がロストジャッジメントやってるの見てて面白そうと思った経緯だったりします。何気に世界が広がっている。

 

 

きっとこれからも世界を広げていくでしょう。やりたいことが続いていくうちは。

 

 

なお、プレイマットは中古で800円と安かったので買いました。自宅のプレイマットをこちらに変えています。

 

アロピルといえばいつかあると信じているルリグとして参戦も気がかりですが、ひとまずは12月の弾にメモリーシグニ。

 

生かすギミックは浮かばないですが、4枚確保したいところですね。

特別イラスト版は……値段が凄そうなので……うん。

ウィク録10「セレモニー三度」

どうもりえぐです。

 

平日はわりと色々大変でウィクロスパーティーにも参加できてない状況でした。

 

そして土曜日はウィクロスセレモニー。

 

自分でセレモニーの機会を1回潰したにしろ、ウィクロスパーティー自体には参加してるので、実際のところは1週間もブランクないはずですが、なんか久しぶりにウィクロスやるなって感じがしました。

 

なお、例に習って前日は友人に調整かねた試運転に付き合っていただき

 

1勝4敗

 

なのを踏まえつつ、大会に間に合う時間ぎりぎりまで最終調整をします。

 

そして、形が決まったので印刷。

 

 

……ですが、印刷後に踏みとどまる。

 

本当に赤黒緑でいいだろうか?

 

試運転した感じ、それほど悪くないといえば悪くない気もしましたが、今回はセレモニー。

 

可能であれば勝ちたい、強いデッキと相手するのにこの微妙に何か足りない感じでいいのかなぁとなり、

 

急遽、赤白緑に変更しました。

 

とはいえ、時間もあまりなかったのでひとまずやりたいこと最優先でほとんど4投でデッキ完成。

 

アシストにこれで大丈夫なのか? みたいなカードも入れつつ、いざ完成。

 

ではいくぞセレモニー。

 

 

結果

ウィクロスセレモニー

デッキ:煌きヒラナ(赤白緑)

 

1.不戦
2.マドカ(青白黒) ✕
3.タウィル(アンサプ) 〇
4.デウス(黒黒青) ✕

 

 

実質、1勝。

 

うーん、まだまだすぎる。

 

とりあえず当面の目標は決勝に残ること、ですがまだ先は長そうです。

 

 

デッキ

今回のリストはこちらです。

f:id:aros_liegu:20211204235207j:image

ベースは前の日曜日にセレモニーに持っていく予定だったレシピをいじった感じ。

 

バトルした体感上、わりとノブナガでダブクラ振って、割っていくか防御吐かせるかしないと、詰めのターンに数面防御を抱えられて、万が一にも勝ち目がない、というのが多かったので、ノブナガを4投しました。

 

これ自体はわりと悪くなかったかな? と思いつつも、ライズが手元に来すぎて三面埋められないがなにかとあったので、この枚数でいくならドローなどのハンドコントロール手段を増やす、もしくはライズ自体を減らすか必要ですね。

 

 

ロングゲームのプランを諦めて、このセレモ二ー中はLB以外でタマモゼンが役に立ったところがないので、この方向性で行くなら外してよさそうです。

 

なお、アキノはグーじゃない方バイバイじゃない方です。

 

おそらく珍しいと思うので、ちょっと触れてみましょう。

 

まずはグーじゃない方。

アキノ*グッドです。

f:id:aros_liegu:20211204235758j:image

(Goodというとギャンブラーの人が脳裏を過ぎる)

 

わりとシンプル、デッキトップ7枚見て赤と白のシグニを1枚ずつ加えます。見る枚数が多いので、赤白デッキの割合がちゃんとしていれば安定して2枚確保できるカードですが、なんとこのセレモニー中ではほとんど赤1枚しか回収できてません。

 

ノブナガのダブクラが赤2枚要求で、下手に白ばっかりになったら嫌だなという意図で白の割合が裏目にでました。

 

チョウウンで面が開けられないとかもありましたし、今回の構築ではグーの方がGoodだったかも。

 

ちなみにリオンとかとごっちゃになりやすいですが、この効果は残りカードはシャッフルしてデッキ下に戻します。

 

うっかり自分の順番で戻さないようにしましょう。

デッキ全体をシャッフルしないようにも注意です。

 

 

 

もうひとつはバイバイじゃない方のダブルピース。

こっちは本当に見慣れないのでは??

f:id:aros_liegu:20211204235751j:image

(わざわざダブルでピースをさせてることに何かを感じる)

 

グロウに2エナ、

能力はLv1をバウンスと、

追加2エナ1手札でLv2、

追加2エナ2手札でLv3できます。

 

バイバイが2エナでLv関係なしに対し、こちらはLv2以上をどかそうと思うと最低でも4エナいります。しかも手札使います。

 

なので使うなら2面開けることを前提にしないとバイバイの方が良さげです。

 

個人的に安定な使い方は相手がLv2の間にLv1とLv2をバウンスですかね。ただエナ余裕がなかなか必要になります。

 

エナも重いですが、Lv指定で相手の盤面に依存するところがネックですね。

 

何か可能性を感じて加えましたが、まぁ微妙なところ。

 

 

余談

1度印刷したがやめた赤黒緑がこちら。

f:id:aros_liegu:20211205000824j:image

 

またこちらは時間ある時に見直そうと思いますが、配色に可能性は感じてます。

 

とりあえずサンセツコンは買っておきたいですね。昨日思いついて投入しましたが、1枚しか持ってなかったので臨時でコアララを加えてます。

 

 

 

ひとまず今回は眠気が来たのでここまでにします。

 

色々考えてたところはまた整理してから次回の記事にしようと思います。

 

ではでは。

ウィク録09「セレモニー機会を潰した男のウィクパ結果」

どうもりえぐです。

 

社会人になってたから大事なことって色々あると思います。

 

職業によってやる事も変わってくるし、一概には言えませんが、

 

大体でわりと重要になることの1つに時間管理があると思います。

 

時間が決まってる予定があるなら、その日時を把握し、遅れないように行動する。

 

恐らく社会人の大半の方が当たり前と言われてたことになるでしょう。

 

その当たり前を私は、

 

やらかしました。

 

 

セレモニーキャンセル

今日はセレモニーということで時間に間に合うように起きて準備し、電車に乗りました。

 

一応30分以上の余裕があるように電車に乗ったのですが、そういえば前のセレモニーが受付時間がちょっと早めだったことを思い出し、何分前に店に入ろうか改めて詳細のスケジュールを確認しました。

 

すると衝撃の事実。

 

12時開始だと思っていたセレモニーが11時開催でした。

 

 

……はい?

 

なお、乗った電車は11時過ぎに着く予定。最短ルートでこれなのでどう逆立ちしても届かない。

 

間に合わない。

 

 

や っ て し ま っ た

 

とりあえず適当なとこで下車して急いで予約のキャンセルの電話を入れる。

 

こうして自らの時間管理のミスで希少なセレモニーの機会を1つ思いっきり潰してしまいました。

 

 

定員は数枠空いていたので、前もってキャンセルすれば入れた人がいたってことは無さそうですが、そういうことにもなりかねないので、今後は前日までにはちゃんと時間を把握して行動します。

 

本当に申し訳ありません……。

 

 

空白にした日程を埋める

自業自得ですが、外出しておいて何もせずに帰るのは悲しい。

 

幸い12時開催でウィクロスパーティーがあったので、そちらに乗り込みました。  

 

参加者5名で運良く3戦できました。

 

結果はこちらです。

 

デッキ:煌きヒラナ(赤白緑)
1.マドカ(青青白) 〇
2.エクス(DXM) 〇
3.ウリス(黒赤青) ✕

 

 

結果としては悪くないかもしれないのですが、問題なのが最終戦

 

このバトル、最後のターンに1点要求しかできず、しかも相手はマドカ//クラップも残していれば、ウリスのゲーム1も吐かせてない。

 

完全に要求点数が足りてないんですよね。少なくとも1ターンはないと届かない。

 

この1勝が遠いなぁと思います。

 

セレモニーで勝つなら、この1勝を届かせたい。

 

そんなところですね。

 

 

今日のデッキ

こちらがセレモニーに持っていく予定だったデッキです。
f:id:aros_liegu:20211128161724j:image

(使われなかったリスト)

 

鈴原ビート計画を一旦取りやめる関係で、黒を外しました。

その結果、チームの色は赤緑白。

といえど緑はエナチャージ要員のみで緑のカードは今のところ入れていません。

 

すなわち、メイン赤のサブ白デッキ。

 

 

デッキコンセプト

まず前提として迷走を続けていくうちに、とりあえず戦力がまとまらない理由を考えてました。

 

出た結論は色々狙いすぎていてLv3が全部2積になってるのが問題かなと考えました。

 

強いカードは4投。有識者たちから何回も聞いた言葉です。ここに習って、なるだけ戦力を絞って組み直してみましょう。

 

まずはそのことを踏まえて、煌きヒラナを使う上で強いカードを考えます。

 

真っ先に浮かんだのは「マンドリル」ですね。

f:id:aros_liegu:20211128211534j:image

(ビジュアル的にはこれからシーズンですね)

 

バニッシュするのにパワー12000以上、つまりパワーを2000以上プラスする必要があるのですが、煌きヒラナはセンターを常にパワー+3000するので問題なし。

 

 

センターに置くだけで2エナとダウンで、パワー制限無しのバニッシュができます。

 

シャドウや耐性がなければ13000以上も焼けるのが強みです。

 

2枚投入ゆえに欲しい時に手元に来ないがちょくちよくあったので、ひとまずこいつを4投しました。

 

で、マンドリルを使う上でネックとなるのかやはりレスト。

 

リムーブしてもいいですが、相手のパワーラインが高いとリムーブしてから、もう1回マンドリル配置になるケースも考えられなくない。

 

それを踏まえて、補う手段はやはり「ライズ」ですね。ダウンしたマンドリルもライズしてしまえばアップできます。

 

赤のライズシグニ代表格のノブナガはもちろんですが、今回は守りの要員になる「タマモゼン」を4投しました。

f:id:aros_liegu:20211128212104j:image

(実はビジュアルが凄い好きな1枚。肌面積の多い巫女服は最強)

 

 

ひとまずあんまり多いと場に出せない悲劇が起こりそうなので、ノブナガは2枚に抑えてひとまずライズは6枚。

 

Lv2でパワー12000のララ・ルーも強いのでが、肝心のマンドリルには乗れないので今回は見送り。

 

 

序盤火力は不安ですが、スペルはライズの下敷きにできないと思い、「永劫の影響」や「轟音の炎球」は今回は未採用。

 

 

序盤の火力を補う要員として「ローメイル」と「ランスロット」を4投しました。

 

 

あとはライズだとやはり下敷きがいないと場に出せない、のでハンデス相手でも極力手札0スタートは避けたいと思い、

 

LIONのアシストは手札を増やせるDIGとBUILD UP。

 

またピースはエナの節約もかねて0エナで山札からカードを探せる「RHAPSODY PARTY」にしました。

f:id:aros_liegu:20211128211701j:image

(イラストが好きだから使ってるというのもある。メインデッキの使用スリーブもこのイラスト)

 

 

「ゼノ・クラスタ」もいいのですが、ハンデスランデスもしない相手には弱いところが気になります。

 

また「Glory Grow」や「ENDLESS-PUNCHLINE」を使われると根本的にダメージレースで負けそう、タマも怖いのでもう1枚は「M.G.D」としました。

f:id:aros_liegu:20211128211741j:image

(今後もしばらくは見かけるであろう採用率の高いピース)

 

 

それと最初はLv1を多めにしてたのですが、前日に記事でパワー10000ラインの大切さを聞いたので、ひとまずLB枠に投入しました。

 

入賞デッキに4投してる姿をよく見かけるデカラピア。

f:id:aros_liegu:20211128212520j:image

(投入してから気づいたのですが、どのタイミングでも捲れば1エナでほとんどのシグニ飛ばせるの普通に強いですね)

 

 

なんか1枠余ったのでグロバエアも入れたものの、捲ったタイミングでパワー13000のH2Oを取り除けませんでした。

 

 

ひとまずそんなところです。

 

 

全部の判断が正しいかはなんともいえませんが、マンドリル4投は正解だったと思ってます。

 

どのバトルでも2~3枚は使いましたので。

 

あとは試行錯誤して、枚数を調整していこうと思います。

 

今回戦ったウリスに勝てるビジョンは浮かばないものの、全体のコンセプトとしてはこれまでの構築よりは少し前に進めてるかも……?とは思えています。

 

 

とりあえず今回のシングルチケットでマンドリルは全部光らせましたので準備OKです。f:id:aros_liegu:20211128213011j:image

(ついでに白日の轟雷も)

 

 

来週のセレモニーは絶対に出る予定です。それまでにもうちょっといい感じにしましょう。

 

 

 

余談:チーム修羅場爆誕

ウィクロスパーティー後にフリーで1戦戦いました。

 

相手がノーリミットのヒラナに対して、私は閃光レイ。

 

閃光レイについて色々強い構築のレシピはあがってますが、ひとまず私が使いやすいと思う構築を優先し、わりと初期に組んだレシピに寄せて組みました。

 

その結果が青青赤。

 

手札がやっぱ欲しくなってくるので赤枠は2ドローしつつ除去できる「ヒラナ*パワーオン」。

 

青枠は最大防御面数が欲しいので、「マドカ//クラップ」に。

 

そんなわけで出来たチームがレイ、ヒラナ、マドカというわけですが。

f:id:aros_liegu:20211128224557j:image

(マドカだけLv0全然持ったなくて申し訳ない。)

 

今日ふと思いついたように「これ修羅場だな」ってなりました。

 

そんなわけでチーム修羅場。

 

 

このチームでやっていくかは分かりませんが、やっていけたらちょくちょく記事にします。

チーム修羅場のご活躍にご期待ください。