「WELCOME BACK DIVA ~selector~」発売記念雑記 構築&バトル編

どうも、りえぐです。

 

前回の記事から続きます。

 

内容は購入後に構築、そして大会に出たお話

 

 

構築編

必要なカードを揃えたのでいざ構築。

 

と思いきや、買ったあとでこのカードが足りてないことに気づいたりすることもあります。

 

あとシングル買いで予定より店になくて買えた枚数が予定より少なくなることも。

 

そこはあるカードで調整しながら組むことに。

 

今回、完成したレシピがこちらです。

f:id:aros_liegu:20211031202527j:image

(デッキ名はとりあえず仮)

 

 

テーマは『閃光へ飛翔 レイ』を軸としたデッキです。

f:id:aros_liegu:20211031230850j:image

(魅惑のお腹)

 

閃光レイの最大の特徴はアタックフェイズ開始までに自分の効果で2枚以上引いていれば、手札3枚消費して青のシグニにアサシンが付与できる効果。

 

条件を満たせば安定して1点要求できるので、毎ターン狙いたいところ。

 

個人的には条件達成より手札3枚消費することの方が大変に思えたので、とりあえずドローソースを積みまくってみました。

 

 

詳細語ると長くなるのでチーム構成の意図だけ。

 

アシストが花代なのは『花代・竜胆』を使うためです。

f:id:aros_liegu:20211031230631j:image

(北熊先生のイラスト本当に好きです。そして胸のとこのアングルがいい)

 

ドローで閃光レイの条件を満たしつつ、ダブクラを付与して点要求するため。

 

 

もう1人は『サマーライブブルーズ』の使用条件を満たすために青ルリグ。

あと花代のアシストが完全にメインフェイズに固めてるので、防御面数が2~3は欲しいところ。

 

真っ先に思いついた『マドカ//クラップ』が心強いですが、レイの自動効果で手札を捨てることを考えると、手札条件のコスト捻出が難しそう。

f:id:aros_liegu:20211031230439j:image

(ダイアグラム対面ではよく三面止められるトラウマ)

 

二面防御になるなら小回りが効いて、エナも抑えられる『ウムル=ダウン』が使いやすそうと思い、今回はウムルにしました。

f:id:aros_liegu:20211031230555j:image

(ディーセレ初期からお世話になってるお手軽二面防御)

 

 

 

そんなわけで異色のチームになりました。

f:id:aros_liegu:20211031230146j:image

(なんだこのチームは……)

 

 

 

 

大会へ

同日に都合よくウィクロスパーティーがありました。

 

強いかどうかは分からない、けれどとりあえず試してみたいのでテストプレイ。

 

結果ですが。

 

EXムジカ(黒白白) 〇
EXマドカ(青青黒) 〇
掲げしタウィル(アンサプ) ✕

 

でしたね。

 

 

課題も見えましたし、やはり新弾のカードが取り入れられて色々勉強になりましたので、参加して良かったなと思います。

 

 

敗北したバトルについては、このデッキの弱点に感じていたところですが、

 

このデッキは前半の火力が著しく弱く、後半も火力がそこまで出ないところで、序盤からしっかり点を取っていける相手だとダメージレースで普通に負けてしまうところです。

 

それに加えて救済の2面防御LBである『TROUBLE』がライフに構えていたターンで防御のアシストを切ってしまい、次のターンのリフレッシュで自分から剥がしてしまったんですよね。

 

ライフの中身は確認の仕様がない、わけでもなく私の場合は『蒼天 ヘケト』で数枚ボトムに送っていました。

 

トラッシュを確認していたので『TROUBLE』が1枚ライフか山札に残っていることは把握出来てましたが、枚数的にヘケトで送った内容を記憶していれば残りのライフに眠ってることまで分かるはずでした。

 

勝利に繋がる幸運を投げ捨てたのは確実な実力不足です。

 

ヘケトのカードはしっかり把握する癖をつけましょう。

 

 

それと当初はアシストを赤ルリグ2体にして『RED ZONE』を入れる計画にしていたのですが。

 

・アシストの防御面数が不安

・アサシン以外の点要求手段が欲しい

・赤エナの捻出がやや不安

 

というのもあって青ルリグ2体で『サマーライブブルーズ』にしました。

 

結果的にこの選択は正解となりました。

 

教えられるまで気づかなかったのですが、アサシン止めれるシグニが出てたんですね……。

f:id:aros_liegu:20211031204113j:image

(2番目の能力を消す効果でアサシンが消えます。自分でも引いたのにノーマークでした)

 

 

このように対戦して、相手から気付かされることも多々あります。

まぁ、カードのテキストに関しては自分で把握しておくのが理想ですが。

 

 

『サマーライブブルーズ』を使った際、消去法で何も考えずにシイラを選んだわけですが、それでアサシンが無事通せたので功を奏しました。

 

 

ひとまず新弾がでてきて、色々な変化を実感する日となりました。

 

 

新弾も出たばかり。今回は歴代ルリグの参戦もあり、ドリームピースによってチームを崩す構築も増えていくことから色々なデッキが生まれることになるでしょう。

 

課題も増えるばかり、ですがそれは楽しめることが増えたのかもしれない。

 

ひとつずつ、前に進んで行けたらと思います。

 

 

しばらくは今回組んだ閃光レイ、それとこれまで通り煌きヒラナ、2つのデッキを詰めていきたいと思います。

 

大会は参加出来たら参加し、週わけで交互に使っていきたいところですね。

 

 

なお、今回の大会は続きの大会で煌きヒラナ、あとオールスターで花代を回しました。

 

ヒラナ軸について意見をもらったりもしましたし、有意義な一日を過ごせた気がします。

 

オールスターはピルピルキー発動してるのに毎ターンルリグアタックしようとするわ、サーバント握り損ねてLv3の時点で敗北して、隣のディーセレ卓より先にゲームを終わらせてしまう珍事になるわで散々でしたけどね()

 

 

後日談

翌日。昨日は何気に半日外出してた結果か、身体もボドボトになっていました。

 

実は名古屋でイベントがやってたりもしてましたが、バトルの予約もしてなかったし、墓参りとか買い出しとかもあったので不参加。

ツイッターで雰囲気だけ吸って楽しんでいます。

 

 

その代わりにリモート対戦で友人とウィクロス詰めてました。

 

その際はヒラナも新弾交えて構築。

課題だらけだったので、チームも崩して、ほぼ組み直し。

赤赤青を赤青黒に。バトルの最中に青の必要性がなくなったので最終的に赤白黒にしました。カテゴリーバカ?

 

 

しかし結果はほぼ敗北でしたね。ヒラナもレイも。

 

バトルで問題点が見えてたら、カードを組み替えるのはいつものこと。

今回はサーバントが1枚も握れず死んだ回もあったので、ハニエル入れた方がいいんじゃない?って話になり、イペタムをハニエルに変更。

 

その結果、次のバトルではハニエルのLBで1面防御、更に効果で結果的にサーバント握れて、パンチラインを耐えきって勝利。

なんてことにもなりました。

 

これがデッキに強くなったと一概に言えるかはさておき、いい風に影響が出る場面もあるのは実証されました。そんな感じで試行錯誤していきます。

 

 

プレイングに関しては毎度のことミスが見つかりますね。

『花代・竜胆』の効果でダブクラ、レイの自動効果でアサシンを付与し、それを両方『羅輝石 アレキサンドライト』にコピーさせてダブクラアサシン2面を立てる計画をしましたが。

 

リミット6なのに、Lv1のシグニを置きっぱなしにして、そもそもダブクラ付与するタイミングでアレキサンドライトを立てれない(花代・竜胆でダブクラ付与できるのはLv3限定のため)ミスもしましたし。

 

エナを使い切ったあとにヒラナのゲーム1を使った結果、エナチャージ2にイペタム(黒エナ)が混ざり、ノブナガのダブクラが付与できなくなった(赤エナ2必要)なんてことも。

 

ゲーム1使うまでに無色コストで赤エナ払ったりもしてたので、イペタム混ざる可能性を考えて先にゲーム1を使えば避けれたミスなので手痛い。ここが勝利と敗北を分けてしまいました。

 

 

構築の改善もですが、強いプレイングができるようになりてぇなぁ……と思う1日でした。

 

 

そんなこんなで新弾発売した2日の休日はこんな感じで幕を閉じます。

 

変化していく中で自分はどう進化していくのか。全く分かりませんし、そもそもどこまで打ち込めるかは分かりませんが、今のところはやっぱりワクワクの方が強い気がします。新弾発売はいいものですね。

 

まだ歴代ルリグとは対面してませんし、それらの対戦も楽しみなところです。タマもピルルクも遊月もウリスも怖いです。震えて待ちます。

 

 

まずはレイのLRPを買って、そこから大会参加やデッキ改造を進めたいと思います。

 

 

では、今回は以上でした。